【モルフ】ヒョウモントカゲモドキの値段ってどう決まるの?相場などについて【レオパ】

その他

こんにちは、ミソです。

昨今においては爬虫類のペット化も著しく、一般の方にも認知されるようになってきました。

その中でもヒョウモントカゲモドキ、いわゆる「レオパ」と称されるヤモリは爬虫類の中でもトップクラスの人気と知名度を誇り、爬虫類飼育の入門種として確固たる地位を築いています。(以下便宜上ヒョウモントカゲモドキはレオパと表記)

これからレオパの飼育を考えている人、もしくは初めてレオパを知った人などでまず気になるのは「飼育方法」「レオパの値段」ではないでしょうか。

飼育方法等はGoogleなどで検索すると山程情報を得ることができますが、値段などは中々分かりづらく、ピンとこない方が多いかもしれません。

犬猫に比べれば遥かにリーズナブルにお迎えをすることができるとされる本種ですが、実際のところはモルフやグレードによって2桁万円、もしくは3桁万円いくことも普通にあります。

今回はそんなレオパの「値段」について、初心者の方向けにできるだけ分かりやすくまとめましたので、レオパの飼育を考えてる方などの参考になれば幸いです。

当記事において特定のモルフ、価格設定などについて貶めるような意図は一切ありませんのでご注意ください。
スポンサーリンク

レオパの値段は大体いくら?

細かいことは置いておいて、レオパって実際いくらぐらいなの?

こだわりとかは後回しにして、とりあえず値段が知りたい!

ベーシックなモルフなら5千円から1万5千円程度が目安

レオパの値段を決める上で、大きな要素となるのが「モルフ」と呼ばれる体色(模様)です。犬猫でいえば毛色のようなものと思って貰えれば大丈夫です。

当然市場に多く出回っているモルフほど値段は下がり、市場にあまり流通しないレアなモルフなどは値段が高騰しやすいとされています。(どういったモルフがレアなのかは後述)

最初に登場したモルフであり、数が多すぎてもはや「ノーマル」と称されることが多いハイイエローや、アルビノ、マックスノーやブリザードあたりは手頃な値段で販売されていることが多い印象です。

ハイイエローなんかはセールなどで叩き売りされていることがたまにありますが、あくまでレアケースなので、価格帯としては5千円から1万5千円の範囲と言って良いでしょう。

とはいえ今挙げたモルフも血統グレード(クオリティ)の高い個体レオパの成長具合などによって値段が結構変わるので、情報の過信は禁物です。

レアモルフはショップやブリーダーの付けた値段が相場(5万円から10万円程)

見出しには5万円から10万円と付けはしましたが、仕入れの状況等によって大きく変わるので断言はしにくいのが本音です。

ラプターやディアブロブランコのような、いわゆるコンボモルフと呼ばれる作出に時間と手間がかかるモルフは値段が高くなりがちです。(作出するための組み合わせを見てみると納得の値段ですが)

レアモルフの中でも更にレアなブラックナイトなどは10万円程度ではまず買えないので、より多額の軍資金が必要となります。

私がイベントで見かけたブラックナイトは少なくとも50万円から100万円程度で推移していた印象です。

スポンサーリンク

レオパの値段を構成する要素とは?

なんとなく目安の値段は分かったけど、レオパの値段を決める要素って他に何があるの?

ベビーほど安く、アダルトになるほど値段は上がる

犬や猫は年齢を重ねるほど値段が落ちていく傾向がありますが、レオパに限らず爬虫類は逆に年齢を重ねるほど値段が上がっていく傾向があります。(年齢の限度はありますが)

レオパはベビーの頃はやや神経質で飼育に手間がかかるのに加え、成長後の体の模様がハッキリしないことや、雌雄が分かりにくいことから値段はやや抑えめなことが多いです。

逆に年齢を重ねた個体は模様もハッキリ出てきてあまり今後変化することもなく、体も成長しきった状態で管理が楽なことから値段がベビーに比べると高めになります。

アダルトまで成長するまでお店やブリーダーがしっかり管理と給餌を行っているので、その分のコストが値段に加わっていると思ってもらえればOKです。

オスは基本的にやや高価なことが多い印象

ベーシックなモルフならばそこまで高いということはありませんが、レアなモルフになるほどオスの個体は市場にあまり出回りません。雌雄判別の難しいベビー~ヤング期を除くと、アダルトクラスのレオパはオスの方が値段が高い印象です。

理由としてはオスの個体が1匹いれば複数のメスに掛け合わすことができるので、繁殖のペースが上がって値崩れを起こす可能性がある故に、ブリーダーがあまりオスを放出しないという点が挙げられます。

自家繁殖個体か輸入個体などでも値段は変わる

ショップやブリーダーが自ら自家繁殖したレオパと、海外や日本のブリーダーから仕入れたレオパの値段を比較すると前者のほうが値段が抑えめであることが多いです。

輸入個体は当然ながら仕入れコストが掛かり、そこにお店の利益を上乗せした値段で販売されていることが殆どです。

逆にショップやブリーダーが自家繁殖した個体はある程度成長するまでの餌のコスト分程度を上乗せした状態で販売されているので、レアモルフやグレードの高い個体でも手が届きやすい値段になっていることが結構あります。

とはいえ自家繁殖か輸入個体かで気になるほど値段が変わるという訳でもなく、同じモルフで柄は千差万別であり、飼育者の好みもそれぞれなので安い値段でも惹かれるレオパは沢山いますし、高い値段でもピンとこないレオパも当然ながらいるということです。

スポンサーリンク

さいごに

ベーシックなモルフほどお手頃、レアなモルフほど青天井になるのがレオパのお値段事情です。またレオパの成長具合などによっても値段は変わってきます。

ある程度の目安として具体的な値段を載せましたが、時期やその時の需要によって変わるのであくまで目安として捉えていただけると幸いです。

「ネットで見た値段はこうだった!」とショップに伝えたりすると余計なトラブルを生みかねませんし、ショップも利益がないと経営していけないところもありますので、値段に対するクレームなどは決して入れないようにしましょう。

一目惚れした個体、欲しいレオパが見つかったときにそれがレアモルフだったりすると値段に「うっ…」となることが多いかと思いますので、予算は多めに見積もっておくと良いでしょう…。

レオパは非常に寿命が長い生き物ですので、個人的にはレオパ選びの妥協はしないほうが良いと思っています。私も結構値段の高いモルフのレオパ(スーパージャイアント)をお迎えするときは若干尻込みしましたが、あの時の判断は間違ってなかったと今でも思っています。

是非ともショップやイベントに足を運んで、お気に入りのレオパをお迎えし素敵なレオパライフをお過ごしください。

以上。レオパとお値段についての記事でした。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました