ヒョウモントカゲモドキの多頭飼育は可能?

ヒョウモントカゲモドキ

こんにちは、ミソです。

今回は『ヒョウモントカゲモドキの多頭飼育』について書いていきます。

野生環境下ではヒョウモントカゲモドキ(以下レオパと表記)はハーレムを構成して生活をしていることで知られていますが、飼育環境下で多頭飼育することは可能なのか?

メリット・デメリットについて触れていこうと思います。

スポンサーリンク

はじめに~多頭飼育はオススメできるか~

レオパの多頭飼育の是非について

まずはじめに、私の考えではありますがレオパの多頭飼育について見解を述べておこうかと思います。

率直に言って、レオパの多頭飼育は『できなくは無いがオススメはしにくい』というのが私の考えです。

確かに野生下において、レオパはオス1頭に対してメスが複数頭のハーレムを築いて生活していますが、常にハーレムを構築しているというわけではなく、どちらかというと繁殖期によく見られるもののようです。

人による飼育下でハーレムの環境を構築させることはそこまで難しいことではありませんが、わざわざ人による飼育環境下でハーレム飼育を行う必要性が低く、それなりのデメリットも抱えることになるので積極的なオススメはしにくいというのが私の見解です。

スポンサーリンク

多頭飼育のメリットとデメリット

メリット

多頭飼育のメリットは正直に言いますとあまり無いのですが、海外の企業レベルで行うブリーディングではハーレム飼育によって繁殖の効率を高めているようです。

とはいえ、個人レベルの繁殖であれば1対1のペアリングが無難ですし、トラブルも少なく済むでしょう。

他のポイントとしては、大きなケージを使って多頭飼育をすることで見栄え的な意味で楽しいかと思います。多頭飼育のレオパの行動を観察するだけでも興味深いですし、単独飼育だけでは見えてこない習性を知ることができるかもしれません。

デメリット

デメリットとしてはレオパ同士の喧嘩が起こり、最悪の場合相手を殺してしまうリスクがあります。

レオパはとても温厚な爬虫類ですが、喧嘩をするときはかなり派手にやりますし、相手に大きな怪我をさせてしまうこともそれなりにありますので同居させる場合は気をつけましょう。

特にオス同士は殺し合いに発展するレベルで争いますので、オスは1匹若しくはメスのみにするべきです。

スポンサーリンク

レオパの多頭飼育の方法

それでも多頭飼育をやりたいんじゃあ!という方向けに簡単に多頭飼育をするための方法を書いておきます。

とはいえ、この方法を実践していてもトラブルを完全に防ぐことができるというわけではありませんので、あくまで自己責任でお願いいたします。

多頭飼育をするための環境つくり

オスは1頭のみ、もしくはメスのみを同居させる

先程も述べましたが、レオパに限らず爬虫類のオス同士は縄張りを争って喧嘩をしやすいです。

普段は間の抜けた顔をしているレオパですが、喧嘩をするときは非常にワイルドですので、オス同士の同居はやめましょう。

メス同士での同居も可能ですが、相性によっては喧嘩が勃発することもありますので慎重に相性を見極める必要があります。

ケージは大きいものを用意する

同居させるレオパの数にもよりますが、60~90cm規格のケージは用意したいところです。

狭いと必然的にレオパ同士のストレスも溜まりやすくなり、喧嘩が発生しやすくなるようなので、なるべく大きめのケージを用意しレオパ同士がお互いを意識しにくくさせると上手くいきやすいです。

シェルターは各個体に用意してあげる

多頭飼育を行う場合は各個体にウェットシェルターを用意してあげましょう。

個体数以上のシェルターを用意してもいいです。

隠れ家を争っての喧嘩を防ぐ意味もありますし、お互いを認識させずらくする意味もあります。

レオパが互いに落ち着いて相性が良ければ、同じシェルターで寝てくれることもあるので、とりあえずシェルターは複数個用意してあげましょう。

 餌は個別に与えること

餌の取り合いを防ぐため、できるなら離れたところで与えるか、隔離して餌を与えても良いです。

活餌を放すやり方もありますが、個人的にはピンセットで個別に与えるやり方をオススメします。

特にアルビノ等の視力があまり良くない個体に対して放虫による給餌を行うと、餌と勘違いして他のレオパに噛み付いてしまうケースが起こりえます。

どのレオパがどのくらいの量を食べたか把握しやすい点も含めて、ピンセットでの給餌が望ましいでしょう。

スポンサーリンク

さいごに

多頭飼育ができるかどうかは、結局のところレオパ同士の相性が大きいと思います。

とはいえ、最初は上手く飼育できていてもなにかの拍子で喧嘩がおきたり、ストレスで生体が拒食に陥ったりと突発的にトラブルが発生することがあります。こればっかりは人間の手で未然に防ぐことは難しいので、そういったリスクを避けたい場合はおとなしく単独飼育を行うのが良いでしょう。

敢えて多頭飼育をやりたい!という方はとにかく予防のためにも飼育環境作りを怠らず、費用をケチらず設備を整えてあげましょう。

そして日常的にレオパたちに問題はないか観察し、トラブルの発生をできるだけ防いでいくことが大事です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました