レオパなどの爬虫類を管理するならメタルラックがド安定

ヒョウモントカゲモドキ

メタルラックは最強である。

どうもこんにちは、ミソです。

レオパに限らず爬虫類の多頭飼育において、悩みがちなのが『ケージの置き場所と管理』です。

当ブログでメインに扱っている爬虫類のレオパは比較的省スペースで飼育することができるとはいえ、ケージ数が増えれば必要な飼育面積が増えるてしまうのは当然と言えるでしょう。

ケージに加えてピンセットやサプリメントなど飼育用品も他に色々とありますので、できればケージ+飼育用品は1つの場所に纏めておきたいところです。

そんな飼育者向けに、オススメとなる飼育ラックが今回のテーマであるメタルラック!

Google先生で『爬虫類 メタルラック』などで画像検索すると山ほど画像が出てくるくらいには爬虫類飼育者にとってお馴染みの存在。

それだけ採用率の高い飼育ラックであるメタルラックはなぜ選ばれるのか

この記事ではメタルラックのメリットを紹介していきましょう。

スポンサーリンク

メタルラックのメリット

サイズ規格が幅広く、レオパを一括で管理できる

メタルラックは棚のサイズ規格が幅広く、飼育者の住宅環境に合わせたサイズを選ぶことができます。

横幅・奥行き・高さによって管理できるレオパの数も幅広くなります。自身の飼育しているレオパの匹数とケージのサイズを照らし合わせて最適なサイズのメタルラックを見つけましょう。

レオパ以外の爬虫類を飼育されている方でも、メタルラックの奥行きは大きなもので60cmクラスのものがあるので、中型~大型の爬虫類ケージも十分設置することができます。

ポールの太さも色々ありますが、廉価で小物置き用などに使われがちな太さである12.7mmよりも、19mm25mmクラスのメタルラックを選べば問題はないでしょう。

頑丈である

メタルラックは名の通り金属製ですので、恐ろしく頑強に出来ています。

ポールの太さにもよりますが、棚板の耐荷重は50kgから100kgを超えても大丈夫なように作られているので、重さのある爬虫類専用のケージを設置してもビクともしません

頑強であるのと同時に重量もそれなりにありますので、地震などによる転倒の対策は最低限しておきましょう。

拡張性が高くカスタムがしやすい

メタルラックはオプションパーツが豊富で、様々なカスタムを行うことが出来ます。

別売りのアジャスターを足回りに取り付ければ転倒の防止ができますし、棚板用のシートを設置すれば縦格子の隙間がなくなることで物置くときに安定感が出来ます。

小物置き用に小さなバスケットなどもあり、カスタムをすることで爬虫類のお世話が段違いに楽になるでしょう。

棚板に隙間があるのも地味に有り難いポイントで、冬などに活躍する暖突の設置もしやすいです。

組み立てが楽

メタルラックは組み立てにおいてほぼ工具が必要ありません。

筆者的にあれだけの頑強さを誇りながら手軽に組み立てられる仕組みは凄いと思います。

棚板を調整するときにゴムハンマーがほしいときもありますが、タオルを巻いた棒でも正直大丈夫です。

スポンサーリンク

メタルラックのデメリット

デメリットらしいデメリットはあまりありませんが、一応絞り出して書いてみます。

インテリア的にはデザイン性が微妙

圧倒的な存在感により置くだけで主張が激しい。

最近はカラーバリエーションも豊富になってきましたが、デザイン的には質実剛健な感じでオシャレ感はあまりないです…。

爬虫類飼育用のラックにデザイン性を求めるのもおかしな話かと思うんですが、あくまでデザイン性に拘る方は注意しましょう。

重い

金属製なだけあってそれなりに重いです。

一度設置したら基本的に移動はあまりしないと思いますので、設置するまでの面倒臭さというところでしょうか。小型ならまだしも、150~180cm規格のサイズになってくると女性1人では組み立てが難しいと思います。

また地震などでラックが転倒すると人間も爬虫類も怪我をする恐れがありますので、突っ張り棒などで最低限の対策をしておくと安全です。

スポンサーリンク

まとめ

上記のメリットに加え、値段もそれなりに手頃なのがメタルラックの有り難いところです。

採用率が高いということは、それだけ爬虫類飼育用のカスタムの情報も多く、調べることで色々なアイディアに触れることが出来ます。

是非自分好みのカスタムで爬虫類飼育を捗らせましょう!

デメリットとしてデザイン性を挙げましたが、拘る方は木材塩ビパイプなどでDIYしてしまうのも良いでしょう。

ホームセンターで材料は一通り揃いますし、やりようによっては数千円でできちゃったりもします。

爬虫類の飼育環境に拘る方はいかがでしょうか。

以上、爬虫類飼育にオススメなメタルラックのご紹介でした。

コメント

タイトルとURLをコピーしました